2-PLY CHAIR 〜重なりから生まれる体験〜



「木がこんなに曲がるのか!」薄い成形合板に触れたときの
そんな感動が、発想の原点です。
成形合板の持っている「薄い」という特性を最大限に生かし、
人が体重をのせることによって形態が変化する椅子をつくれないか?
と考えました。

最大の特徴は二枚の薄い成形合板で構成された座面です。

一層目の板は平面性を十分に残し合板に独特のしなりを持たせることで、
座ったときの心地よい座面の反発力が期待でき、
二層目の板は三次元成形を用いることで、
柔らかくしなった一層目の板をやさしく受け止めるだけの剛性が期待できます。
また、成形合板の間に挟まれたスチールの構造体は安定した強度を椅子全体に持たせると同時に
座面の落込みのストッパーの役割も持ち、安心感と安全性を高めます。

座ったときにグッと沈み込む座面や背もたれ…

二層の成形合板の重なりが生む形態的体験、
座面に体をゆだねたときの身体的体験。
人と素材との新しい関わり方を提案します。

折り鶴風呂敷
ローテーブル 〜オーダーメイド〜
水と仲良くつきあう為の湯桶
2-PLY CHAIR 〜重なりから生まれる体験〜
Sa-iN 〜指先に伝わる余韻〜
Twister Origami-stool kit (from pattern-stool)
sky chart